FC2ブログ
topimage

2020-08

細部へのこだわり - 2020.06.25 Thu

ユニクロの話をします。


といっても服の話ではありません。

ご存知の方も多いと思いますが、20206月銀座に新店舗がオープンしました。

街なかのいわゆるユニクロとは違い、”UNIQLO TOKYO”という名を冠した旗艦店です。


https://www.uniqlo.com/jp/ja/contents/feature/tokyo/

 

「マロニエゲートって、ケーキ屋さんのアンジェリーナがあったところかな? もうモンブラン買えないんだ。」と、ぼーっといくつか記事をみたり、PVをみたりしていました。


https://www.youtube.com/embed/2JsoW6xjt3w 

佐藤可士和さんがディレクター、ヘルツォーク&ド・ムローンさんがデザインだそうです。佐藤可士和さんのことは存じ上げております。ヘルツォーク&ド・ムローンさんは存じ上げませんでしたが、表参道のPRADAの店舗設計などをされていた方。独創的な建築が目を引きます。今回のUNIQLO TOKYOも大々的なリノベーションを施すのでしょうか?


今回、UNIQLO TOKYOが入ったマロニエゲートは1984年にパリスタイルの百貨店として建設されました。売り場面積を最大化できるように、同じ作りのブースが細々並んでいたのを記憶しております。さきほどのムービーに一瞬映るんですが、設計図の梁が規則正しく並んでいて、目を引きます。

今回、リノベーションするにあたり、デザイナーが現地をみて、躯体コンクリートの美しさに気付いたそうです。そして躯体を見せるために、天井や床を大胆に取り除くと決めたと。


36年前の建築の躯体が美しい? 目に見える部分ではないのに?」



UNIQLO TOKYO (https://www.uniqlo.com/jp/ja/contents/feature/tokyo/ より)


たしかにムービーを見直すと、規則正しく並んでいる躯体が、なんとも美しいのです。配置もそうですが、躯体そのものの作りが良いようにみえます。

UNIQLO開店にむけて、躯体そのものの表面を新たに装飾したのかと思ったら、そうではないようです。


36年前の建築そのものが丁寧な施工だったと推測できます。

目に見えない部分の仕事に手を抜かない、日本人らしいこだわりを感じます。

素晴らしいですね。

 

我々も、膝や肩という、外見では見えないカラダの中身の手術をします。

外見では見えませんが、MRIやエコーなど、いろいろな技術で中身を垣間見ることはできます。

画像検査を通じて、他のドクターの「こだわり」や「哲学」を感じることはよくあります。そういったものが無いオペは、、、省略

例え、だれかが中を覗いたとしても、「きれいな仕事してるなあ。」と思われるような手術を心がけたい、自分も胸を張って見せられるような手術にこだわりを持ちたい、と思いました。

 

UNIQLO TOKYOの躯体を、いつか見に行きたいですね。(不要不急の外出自粛してますが。)

UNIQLO TOKYOでしか購入できないユニクロXセオリーの限定商品を買い占めて、メルカリに転売してる方々へのクレー、、、以下省略。

 

 

試練 - 2020.03.02 Mon

アウトドア派にとって昨今の新型ウイルス感染症のため外出できず、ずっとインドア生活を強いられるのはかなり苦痛である。

普段よりもSNSを見る機会が増え、しばらく書けていなかったブログに気づき、あわてて書いている次第です。


ニュースでは「中国が諸悪の根源」「日本の対応が最悪」「韓国の感染拡大」などを見かけ、それに伴う心無い中傷コメントの嵐に愕然とする。巷ではマスク、アルコール消毒液が消え、ティッシュやトイレットペーパーの争奪まで起こっている。

人類の愚かな一面を見て虚しい気持ちになる。


トイペ売り切れ画像cc


目に見えないものを信じたがる私は、この新型ウイルス感染は「神が人類に与えた試練」ではないかと考えている。

今こそみんながまとまる時。今までいがみあっていた者同士が手を取り合って一致団結するチャンスを与えられているのに。

現実は、共通の外敵(ウイルス)の前になおも他国を非難したり、内輪揉めしたり、、、


人間の愚かさ(戦争)


目を近くに向けると、われわれスポーツ医学の世界でも似たような光景を見かけることがある。どこの治療が悪いとか自分のところが最高だとか。あくまでも目を向けるべきところは選手なのに、お互いに足の引っ張り合いをしている。人間の愚かさ、弱さなのだと思う。


誰が偉い、誰が優れている、ではなく、常に謙虚にお互いを尊敬しあって、唯一選手のために、一致団結して力を合わせた時、最高の結果が得られるものと信じている。


最後に、現在コロナウイルスに感染し闘病している方々が回復に向かうこと、亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。




馬越PT「学会賞」受賞! - 2019.12.05 Thu

先日横浜で行われた「第30回日本臨床スポーツ医学会学術集会」において、当院の馬越PTが「学会賞」を受賞し表彰されました。

馬越4

大変名誉なことで、これから益々、研究・臨床に活躍してくれることと期待しています。

馬越2

当院の多くのスタッフが、自主的に、業務終了後も夜遅くまで毎日のように勉強している姿をみていましたので、自分のことのように嬉しく感じます。

馬越1

毎月のように「ケースカンファランス」や「文献抄読会」をやったり、不定期でも毎年「技術講習会」や「セミナー」を継続して行っている成果が形になって現れたものと思っています。


そなエリア  - 2019.09.24 Tue

当院では年に2回ほど防災訓練をして、診療中の災害に備えております。とある日りんかい線に乗って、そなエリアで自主トレしてきました。

直下型地震が起きると72時間は自分で身を守る必要があります、と教わってきました。

偶然、レジ袋の三角巾化について発見

整形外科医として、試しておかねばなりません。

小樽での日本肘関節学会  - 2019.02.11 Mon

第31回日本肘関節学会@小樽に参加させて頂きました。今回の学会は特別で、会長が当院に定期的にお越しいただいている和田卓郎先生なのです。

和田先生は外来も手術もとてもスマートで(評議員懇親会で同門の先生が仰っておりました。まったく同意です)、学会運営もとてもスマートな印象でした。私はエコーセミナーのインストラクターをさせて頂きました。
さらに出来事をご紹介します。
今年10月6日開催の第2回東京国際スポーツイノベーションフォーラムを宣伝したり、
山側も海側もNice viewです。

有名な詩人でもあった札幌医大(和田先生の母校)整形外科の初代教授河邨先生のコーナーの左上には教え子であった作家・渡辺淳一先生の写真があります。 私は高校2年時に「白夜」を読んで医師志望しました。おススメです。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Hachispo Drs.

Author:Hachispo Drs.
ハチスポDr.日誌へようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

未分類 (24)
学会 (24)
職員旅行 (4)
グルメ (4)
音楽 (1)
腰痛 (1)
八王子 (1)
サッカー (12)
ラグビー (1)
治療 (2)
飲み会 (11)
癒し (3)
スポーツ現場 (4)
クリスマス (1)
ハロウィン (1)
本 (3)
他院 (2)
プライベート (4)
会合 (1)
講習会 (1)
大震災 (6)
八王子スポーツ整形外科 (12)
マシン (1)
MRI (2)
追悼 (1)
健康 (1)
天体 (1)
アウトドア (1)
オペ室 (0)
マスコミ (2)
JOSKAS (0)
海外 (2)
運動会 (1)
祝賀会 (1)
スポーツ医学検定 (1)
当院研修 (1)
看護師 (1)
手術 (1)

ブログ来院者数

今現在来院中の人数

現在の閲覧者数:

ブログラム

blogram投票ボタン

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも一覧

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード